ページの本文へ

ダイキン工業株式会社

IoTに対応したハイブリッドシステムによるロス削減のご提案

IoTに対応したダイキンのハイブリッドシステム

導入前

工場現場には様々な
ムダやロスが存在しています。

油温上昇 油圧作動油の定期交換 定期点検の工数

例えば、オイルコンの定期点検。

オイルコンのエアフィルタなどは定期的に点検することが推奨されているため、機械の稼働時間にかかわらず実施する必要があり、現場の負担となっていました。

油温上昇 油圧作動油の定期交換 定期点検の工数
毎週の点検は
疲れるな~

導入後

ハイブリッドシステムが解決します!

常時監視で定期点検不要

機械との接続により
オイルコンの運転状態をモニタリング。

オイルコン
工作機械
保全室パソコン

メンテナンス方法も
機械画面やパソコンで確認可能。

機械画面

パソコン画面

IoTとは

「IoT」はInternet of Thingsの略で、インターネットに接続されるものという意味です。これまでインターネットに繋がれるものはパソコン・スマートホン・タブレット等の情報機器でしたが、最近ではゲーム・テレビ・電子レンジ・自動車など、様々な「もの」がインターネットに繋がるようになりました。IoTとはそれら「様々なもの」がインターネットと繋がった状態を表します。

IoTに対応したダイキンのハイブリッドシステム

ハイブリッドシステムなら機械や保全室のパソコンと繋ぐことで油圧の圧力・流量だけでなく、消費電力・モータ温度等機器内部の情報も簡単かつリアルタイムに取り出すことが可能です。

機械(または保全室パソコン)でこれらの情報を蓄積し分析することで、メンテナンス時期の把握や劣化による故障診断が可能になり、定期点検の回数を削減できます。

機械メーカ様では
操作画面にメンテナンス時期や方法を表示し、機械の故障率低減・点検工数削減に貢献します。
機械ユーザ様では
保全室のパソコンにメンテナンス時期や方法を表示し、点検工数を削減できます。
例えば 油圧機器では
油圧回路内での作動油漏洩量増加を検知し、油圧機器の不具合を早期発見。
例えば 油冷却装置(オイルコン)では
エアフィルタの目詰まりを検知し、故障の予知保全やエネルギーロスを削減。
ページの先頭へ